京都南ロータリークラブ
 
 
 
bar
bar
 ロータリーについて
bar
 入会のご案内
bar
 webニコニコ
bar
 メンバーズルーム
bar
 会員企業リンク
bar
 同好会案内
bar
 近隣クラブ例会場一覧
bar
 近隣クラブスピーチ一覧
bar
 年度別アーカイブス

  <--- もどる
 行事報告
 9月28日(木)13:45 第1奉仕プロジェクト クラブフォーラム「春秋の間」 参加者 70名
 9月28日(木)13時45分より、リーガロイヤルホテル京都「春秋の間」おいて「第1奉仕プロジェクト クラブフォーラム」を開催いたしました。開催テーマ「ハイラグジュアリーと地域振興」についてフードコラムニストの門上武司様、JR西日本瑞風推進事業部長の岡田学様、そして当クラブの髙橋拓児第1奉仕プロジェクト理事の3人をパネラーに迎え寝台列車「瑞風」がどの様な計画の元に進行され地域との関わり合いがなされているのかをお話して頂きました。岡田推進部長様からは鉄道は街と街を結ぶ上で不可欠なインフラであるだけに、地域の財産であるがそれだけに簡単には参入も撤退も出来ない、だからこそ地域とJRが「人との交流」目的として力を合わせ地域の活性化を双方の目的とするのが大事であると述べられ「瑞風」はその取り組みの一環であるとお話されていました。そして車窓・食事・車両が一流の設えである事を魅力に、西日本の素晴らしさを伝える特別な旅を提供する事を目的とする列車であるとお話されました。また食に関して門上様が西日本を代表する一流の料理人が集まり列車内で提供する料理の出来るまでとそれに関する材料の提供者がそれぞれの地域の人々であり、交流が広まりつつある事をお話されました。髙橋理事も狭い列車内での調理方法について色々と難しい試みをされた事を話されました。最後にこの寝台列車プロジェクトがお客様に満足を与えることはもとより、それぞれの地域との繋がりを続けて行くことにより地域振興の広がりも期待出来る事を感じさせてくれるフォーラムになった事をご報告させて頂きます。
職業奉仕委員会 委員長 太野垣裕二
第1奉仕プロジェクト クラブフォーラム 第1奉仕プロジェクト クラブフォーラム 第1奉仕プロジェクト クラブフォーラム
bar
 
↑pagetop