京都南ロータリークラブ
 
 
 
bar
bar
 ロータリーについて
bar
 入会のご案内
bar
 webニコニコ
bar
 メンバーズルーム
bar
 会員企業リンク
bar
 同好会案内
bar
 近隣クラブ例会場一覧
bar
 近隣クラブスピーチ一覧
bar
 年度別アーカイブス

bar
 月 報
7月号表紙 7月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ 1950年~1954年」
 1950年11月18日京都駅が全焼するという悲しい出来事があった。一方、1950年(昭和25)に勃発した朝鮮戦争に伴って日本にもたらされた特需によって、日本経済は好況に転じ,その後成長の軌道に乗り、戦後からの復興が一気に加速したころであった。1953年2月1日にNHKが、8月28日には、日本テレビ放送網(NTV)がテレビの本放送を開始した。1953年(昭和28年)に大ヒットした映画『君の名は』に出てくるヒロイ、岸惠子演じる真知子が、ストールを頭からかぶるように巻いていたことから、それをまねた若い女性が街にあふれる「真知子巻き」ブームが起こりました。1954年02月01日には、マリリン・モンローが夫で大リーガーのジョー・ディマジオ新婚旅行で来日し、大変話題になった。
(c)共同通信社
1951年08月27日
戦後初の国内便の再開で日本航空の1番機が羽田空港から試験フライト


8月号表紙 7月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ 1955年~1959年」
三種の神器
1956年(昭和31年)の経済白書が「もはや戦後ではない」と明記し戦後復興の終了を宣言した神武景気以降、輸出拡大で日本経済が急成長した時期である。白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の家電3品目が『三種の神器』として喧伝され、家庭では電化製品の普及が進んだ。
これらのうち最も早く普及したのは白黒テレビで、逆に一番遅かったのは冷蔵庫である。当初テレビは非常に高価であったため、街頭テレビやキャラバン隊を通じて宣伝され、電器店の店頭のみならず銭湯や大型飲食店など集客能力の高い店舗から先に導入された。
1957年3月14日 京都南ロータリークラブでは、創立3周年記念例会と創立満3周年記念祝賀会が京都ステーションホテルで開催される。また、1959年3月19日には創立5周年記念例会が開催された。


9月号表紙 9月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ1960~1964年」

1962年5月28日、日本で初めて第52回国際ロータリー東京大会が開催。1964年3月19日には、創立10周年記念式典・晩餐会が京都ステーションホテルで開催された。

日本経済は、1955年から1970年にかけて、世界に類例を見ない高度成長を遂げた。この15年間、他の先進諸国の年平均名目経済成長率は6~10%であったが、日本のそれは15%に達した。こうした経済成長に伴う確実な所得の上昇は、個人消費の急速な拡大をもたらした。1964年の東京オリンピックを契機に高速道路が整備され、日本はどんどん“狭く”なり、人や物を運ぶ自動車が、交通の主役となったのです。そして、我が家にも自家用車がやってきます。サラリーマンにも手が届く、マイカー時代が到来した。

車でいっぱいの神奈川県真鶴町・真鶴半島先端の駐車場。行楽地の駐車場にはマイカーがひしめくようになった。(1964年5月撮影)
(c)朝日新聞社


10月号表紙 9月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ1965~1969年」

1965年ころから、高度経済成長の中、新3種の神器(カラーテレビ・カー・クーラー)が豊かさの象徴として憧れの生活必需品となりだした。1969年3月3月6日は、京都南ロータリークラブ創立15周年記念例会が執り行われた。

一方、ベトナム戦争が激化の一途をたどり、また、1970年で期限の切れる日米安全保障条約の自動延長を阻止・廃棄を目指す動きが左派陣営で起きていた。これに伴い学生によるベトナム反戦運動・第二次反安保闘争が活発化した。それと時を同じくして、高度経済成長の中、全国の国公立・私立大学においてはベビーブーム世代が大量に入学する一方で、ときに権威主義的で旧態依然とした大学運営がみられた。これに対して学生側は授業料値上げ反対・学園民主化などを求め、各大学で結成された全共闘や、それに呼応した新左翼の学生が闘争を展開する大学紛争(大学闘争)が起こった。
学園紛争は全国に波及し、最盛期では東京都内だけで55の大学がバリケード封鎖に入り社会問題に発展していった。

東大紛争 ガス弾の白煙に包まれる安田講堂
(c)kyodonews


11月号表紙 9月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ1970~1974年」

1970年1月30日 台北南RCと姉妹クラブ締結、同年10月20日には日本ロータリー誕生50周年。そして1974年3月14日 京都国際会館Aホールにて、京都南ロータリークラブ創立20周年記念特別例会が開催されました。京都南ロータリークラブにとっても大きな出来事があった1970年から1974年。

そして我が国においての大きな出来事のひとつは日中国交正常化。 1972年9月29日、田中角栄首相と中国の周恩来首相が北京で日中共同声明に調印し、両国は「恒久的な平和友好関係を確立する」ことに合意した。日本はそれまで国交があった台湾と断交し、中国は日本に対する戦争賠償の請求を放棄した。合意までには、田中首相の発言などをめぐり、日中双方がもめる場面もあったが、27日夜、毛沢東主席は田中首相に「けんかは済みましたか」とユーモアを交えて語りかけた。28日、両首相は共同声明の内容を確認、翌日の調印となった。

日中国交樹立(国交回復)、田中角栄首相訪中 日中共同声明調印式
(c)朝日新聞社


12月号表紙 9月号
←クリックして頂くと大きな画像がご覧になれます。
コラム「あのころ、どんなころ1975~1979年」

1975年9月11日 国際ロータリー第365地区千 宗室ガバナー公式訪問例会が、京都タワーホテルにて行われた。1979年3月11日には、創立25周年記念式典が京都国際会館Aホールにて開催されました。京都南ロータリークラブにそのような出来事があった1975年から1979年。

1977年9月3日 王貞治氏がプロ野球で本塁打世界記録(756本)を達成。 国民栄誉賞が、1977年に定められた国民栄誉賞表彰規定に基づいて創設され、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と規定され、プロ野球で本塁打世界記録を達成した王貞治氏をたたえるために創設したのが始まりです。2018年7月2日には、平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで2連覇を達成した羽生結弦選手に、国民栄誉賞が授与され、羽生選手は歴代最年少の23歳での受賞となった。現在までに、羽生選手も含めてこれまで26人1団体が受賞されています。

(c)共同通信社
巨人王選手、756号世界新記録 1977年9月3日、後楽園球場


bar
 
↑pagetop