京都南ロータリークラブ
 
 
 
bar
bar
 ロータリーについて
bar
 入会のご案内
bar
 webニコニコ
bar
 メンバーズルーム
bar
 会員企業リンク
bar
 同好会案内
bar
 近隣クラブ例会場一覧
bar
 近隣クラブスピーチ一覧
bar
 年度別アーカイブス

bar
 週 報
 No.01
No24
Back to 1954-2019
「第1回全日本自動車ショー」が開催される

京都南ロータリークラブが誕生した1954年の4月20日から29日まで、東京日比谷公園にて、「第1回全日本自動車ショー」(1964年より「東京モーターショー」に名称変更)が開催された。当時、クルマは庶民にとって「夢のまた夢」でしかなかった。展示車両267台を揃えたが、乗用車は17台。トラックが主体で展示車の多くはトラック・オートバイなどであった。それでも10日間の会期中に54万7000人の来場者を集めた。
 No.02
No24
太陽族
ロータリー創立50周年記念植樹が宇治平等院河畔で行われた、1955年。作家石原慎太郎の「太陽の季節」が芥川賞受賞。映画『太陽の季節』には、作者の石原慎太郎と実弟・石原裕次郎が俳優として登場。舞台となった湘南海岸には髪型は、後頭部と脇は刈り上げ、前髪を短く垂らす「慎太郎刈り」、そして、サングラスにアロハシャツという姿の「太陽族」の若者であふれた。
画像クレジット  (c)kyodonews
 No.03
No24
国産ロケット第1号発射成功
1957年(昭和32年)9月20日、秋田県道川海岸のロケットセンターから国産ロケットが初めて打ち上げられ、実験が成功した。 実験を行ったのは糸川英夫博士を中心にした東大生産技術研究所で、観測用ロケット・カッパー4C型1号機は、高度約4万5000mに到達したとき、搭載のガイガーカウンターで宇宙線を観測した。ロケットは、全長5.93m、重量378kgだった。
画像クレジット  (c)kyodonews
 No.04
No24
東京タワー
1958(昭和33)年12月23日、在京テレビ局の送信アンテナを集約する「東京タワー」が東京・芝公園近くに完成した。1年半の工期で総工費28億円、鋼材4000トンを使った。高さ333mはパリのエッフェル塔をしのぎ、当時世界一を誇った。テレビ時代の到来を象徴。高さ150mと250mの2ヵ所に展望台があり、東京の新名所となった。下には都電が走り、遠くに国会議事堂の姿まで見える。
写真:建設中の東京タワー1958年7月23日撮影
(c)共同通信社
 No.05
No24
皇太子殿下、美智子さま結婚
1959年04月10日、皇太子殿下(現天皇)と正田英三郎・日清製粉社長の長女美智子さんとの結婚の儀が皇居内の賢所で執り行われた。皇居から新居、東宮仮御所までの馬車列によるご成婚パレードでは50万人以上が沿道を埋めつくして祝福。民放テレビの開局もこれに合わせて相次ぎ、テレビの受信契約は200万台を突破した。テレビ中継で見た人は1500万人に上った
皇太子ご夫妻がオープン馬車でパレード (c)共同通信社
 No.06
No24
東海道新幹線開業
1964年2月6日、京都南ロータリークラブでは第500回記念例会が行われ、3月19日には京都ステーションホテルにて創立10周年記念式典・晩餐会が催された。

そのような京都南ロータリークラブの節目の年、1964年の10月1日には東海道新幹線が開業。写真は、10月1日、午前6時、盛大な見送りを受けて東京駅9番線ホームを出発する営業第1号車「ひかり1号」。ほぼ定刻の午前10時に新大阪駅に到着したそうだ。

(c)朝日新聞社 東京駅を発車する営業第1番列車「ひかり1号」
 No.07
No24
ビートルズ来日
1966年6月29日ビートルズが来日。台風の影響で、飛行機の到着が遅れ、彼らが日本に到着したのは、明け方の午前3時39分であった。世界各地でのビートルズ騒動を伝え聞いていた日本の警察は、厳重な警備体制を敷いた。 空港での混乱に備え、ヘリコプターを3機用意し、横田基地に緊急着陸の手はずを整え、羽田空港とホテル、そして沿道警備に警官3万人を動員するほどであった。ビートルズの日本でのコンサートは、3日間の昼・夜公演で、計5回行われた。

(c)共同通信社
 No.08
No24
東名高速道路全線開通
1962年(昭和37年)5月31日から 東京IC - 静岡IC間より工事に着手した東名高速道路。1968年4月から飛び石開通していたが、最後の未開通部分、大井松田(神奈川県)-御殿場(静岡県)間25・8キロが1969年5月26日開通。これにより、東名高速道路は東京都世田谷区から愛知県小牧市までの346・7キロが全線開通した。

写真:東名高速道路全線開通を祝って作られたアーチ=足柄サービスエリア付近
(c)共同通信社
 No.09
No24
歩行者天国
休日などに道路の車両通行を禁止する「歩行者天国」。1970(昭和45)年8月2日(日曜日)、都心の銀座、新宿、池袋、浅草の4地区などで日本で初めての本格的な歩行者天国がスタートした。今は歩行者天国は普通の光景だが、当時はかなりのインパクトだったようで、都内では銀座の23万人など計約80万人の人出があったそうだ。

多くの人でにぎわう銀座の歩行者天国、東京・銀座の銀座通り
(c)共同通信社
 No.10
No24
環境庁が設置
1971年5月31日環境庁設置法が公布され、7月1日総理府の外局として、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他環境の保全を図り、国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するため、環境の保全に関する行政を総合的に推進することを主要な任務として環境庁が設置された。その後、2001年の中央省庁再編により,地球環境保全,公害防止,自然環境の保護および整備その他の環境の保全をはかることを任務とし環境庁から環境省へ昇格した。

(c)kyodonews
No.11
No24
沖縄復帰
京都南ロータリークラブより田中 豊会員が初めて第365地区ガバナーに就任された1972年。 1952年に発効した対日講和条約によってアメリカ合衆国の統治下に置かれた沖縄は,沖縄返還協定が調印された翌 1972年5月15日,27年ぶりに日本に返還された。 1965年佐藤栄作内閣総理大臣の沖縄訪問を経て,1969年11月2日のリチャード・ミルハウス・ニクソン大統領との会議で, 1972年返還を約した日米共同声明が発表された。しかし、基地問題のほか,日米共同声明における有事の際の核持ち込みに関する密約疑惑や,沖縄の経済的自立など,多くの問題が残っている。

沖縄復帰 国内線復帰第1便が出発(撮影場所=東京・羽田空港) (c)朝日新聞社
 No.12
No24
エリザベス女王来日
1975年5月7日から12日まで、エリザベス女王&フィリップ殿下夫妻が約100年にわたる日英友好史上で英国君主初の日本公式訪問をされました。 英国女王の来日で日本は爆発的な「クィーン・ブーム」が起こり、来日中約78万人の国民が盛大な歓迎を行い、なかでも5月9日都内で行われたオープンカーによるパレードには、交通スト中にもかかわらず約11万人が集まり、日英両国国旗を打ち振って女王を歓迎しました。 また、9月11日には、第365地区 千宗室ガバナー公式訪問例会が開催されました。

(c)kyodonews
にこやかに沿道の人たちに手を振るエリザベス女王ご夫妻
 No.13
No24
新東京国際空港開港
日本(東京)で2回目のRI国際大会が開催された1978年(昭和53年)。その年の5月20日、千葉県成田市に新東京国際空港(現:成田国際空港)が開港した。 1966年(昭和41年)7月に千葉県成田市三里塚に空港建設が閣議決定されてから12年かかっての開港であった。当初、土地買収に伴う移転や騒音問題などにより、地元住民からの強い反発があり、反対運動が展開された。この反対派と機動隊との間で激突が生じ、死者が出る騒動も起きた。 2004年(平成16年)4月1日に民営化されたのに伴い、空港の正式名称は「新東京国際空港」から「成田国際空港」に改称された。

成田空港開港 成田の新東京国際空港22番スポットに横付けされた旅客第1番機の日航DC8 (c)kyodonews
No.14
No24
東京サミット開催
1979年3月11日 京都南ロータリークラブ創立25周年記念式典が、京都国際会館Aホールで開催をされました。 同年の6月28日から29日まで、東京都港区赤坂の迎賓館で、第5回先進国首脳会議(通称は東京サミット)が東京都港区赤坂の迎賓館で開催されました。これが初めて日本で開催されたサミットです。写真は庭に勢ぞろいした各国首脳。左からジェンキンズEC委員長、クラーク・カナダ首相、カーター米大統領、大平正芳首相、シュミット・西ドイツ首相、ジスカールデスタン・フランス大統領、サッチャー英首相、アンドレオッチ・イタリア首相
東京サミット始まる、勢ぞろいした各国首脳=東京・元赤坂の迎賓館

(c)kyodonews
bar
 
↑pagetop