行事報告

行事報告

1月27日(木)14:15 鳥羽高校キャリアガイダンス 「京都府立鳥羽高等学校」
 1月13日13時45分より第2回クラブアッセブリーが開催されました。
 クラブ継続事業の鳥羽高校様とのキャリガイダンスは今年度、趣向を変えた形で開催致しました。というのも、当初予定のR3年9月11日開催がコロナ事情により延期もしくは昨年に続き中止か?という状況下、橋本年度の「コロナ禍でも出来る事業を目指そう」という方針で生まれたアイデアでした。従来のように大人数が一同に集まれないなら映像を作れば多くの生徒達に見てもらえるのではと、学校様との綿密な打合せの上、2部制での実施となり、これまで講堂収容人数で限定クラス対象だったのが映像配信により学年全員を対象にすることも可能となりました。
 R3年12月2日、第1部パネルディスカッションとして、我がクラブから小木曽さんと阿久津さん、アクトから藤本さんと金原さんの4名がパネラーとなり進路指導部長の宇川様のコーディネートのもと従来と同じ流れで行われました。川口校長先生、橋本会長のご挨拶の後、パネラー自己紹介、今の仕事に就いた理由、今後チャレンジしたいこと、withコロナ時代に求められる人材とは、何の為に働いているのか、働くことの意味とは、など熱いディスカッションが40分間の映像にまとめられました。
 そして第2部として、この映像を素に我々RCとRACメンバーがリアルに参加するグループディスカッションを教室分散及び人数制限等の感染対策も入念な中、R4年1月27日予定で進めて参りましたがオミクロンの猛威下、残念ながら学校様単独での開催となりました。合同開催は叶いませんでしたが、今回の映像を有効活用されながらクラス単位でフレキシブルに行なわれたという事です。それらレポートは後日しっかりとキャリアガイダンスのアウトプットとして報告頂けるという事で、形式は変りましたがコロナ禍でもこのような素晴らしい事業として実現できたことは鳥羽高校様はじめ沢山の方々のご協力の賜物と感謝申し上げます。
職業奉仕委員会 委員長 田中久喜
ページの先頭へ戻る