行事報告

行事報告

10月14日(木)13:45 第1奉仕プロジェクトクラブフォーラム「源氏の間」 参加者75名
テーマ:「令和の寺小屋」事業について
 今年度は、11/20、21に行われる「令和の寺小屋」事業のプロローグとして行いました。
 東京よりNHKエデュケーショナルの統括プロデューサー三浦尚さまと醍醐寺仲田順英会員に講演をお願いしました。
 三浦さまの講演では、今回のカリスマ講師についてお話し頂きました。
宮本亞門さんは、子供達に立場が違う人の考えが想像できる人になって欲しいと“桃太郎”を演じることで考えて貰おうという演出を考えておられます。
 福岡伸一さんは、生物学者という事で命の大切さ・神秘さを気付かせたいということで、教室だけでなく外にも出て自然の中で教えたいと考えられているそうです。
 本庄まなみさんは、京都に移住されている立場から京都人にはない京都の魅力について、生徒と同い年の小五の母親の視点でお話しくださるとの事です。
 「令和の寺小屋」の主人公はあくまで子供達で、講師の授業でどんな化学反応が起こるかを楽しみたいとお話しして頂きました。
 引き続き仲田会員より、コロナ禍の醍醐寺の現状を、極秘情報のスライドでお見せ頂き醍醐寺の取組・役割について興味深くお話しをして貰いました。寺小屋というのは元々お寺の役割だったと仲田会員には今回の事業では本当に色々お世話になっており、感謝しかありません。
 最後に、講演予定ではなかったのですが今回昼食は京都南RCの会員の料理人と子供達と作るという食育も行うので、髙橋副会長にお話しをお聞きしました。子供達にありあわせの料理を、普通にそこにあるもので考えて美味しくする食の素晴らしさを伝えたいとお話し頂きました。
締めの挨拶も引き続き髙橋副会長にお願いし、会員の皆さまへ運営スタッフへのお願いをして終了しました。
 この素晴らしい事業を絶対に成功させたいと思いますので、ご協力をよろしくお願い致します。
第1奉仕プロジェクト担当理事 村田雅明
ページの先頭へ戻る