行事報告

行事報告

11月20日(土)〜21日(日) 令和の寺子屋事業 「醍醐寺」
 11月20日(土)と21日(日)の二日間、「令和の寺子屋」事業が世界文化遺産、醍醐寺三宝院にて秋晴の紅葉最中開催され、未来を担う子供達へ答のない問題に自分達で考え行動しながら正解を創り上げる機会を与えたいと3人のカリスマ講師による一度限りの特別授業が行われました。
 対象は京都市教育委員会様の協力により是非にと参加したジュニア京都文化観光大使と地元醍醐小学校から希望を募り参加した小学5、6年生あわせて24人。先ずは朝礼で橋本会長の挨拶、醍醐寺仲田会員による開会宣言で始まりました。1人目の講師で生物学者の福岡伸一氏による授業は弁天池での生き物探しや顕微鏡を使っての「生命」の循環から始まり、「動的平衡」という考えを用いて死を利他的とするエントロピーの法則を紹介するなど子供達の興味関心を思う存分に引き出し、2人目の講師で演出家の宮本亞門氏による授業は金堂前での集合時点で子供達の心を掴み、授業テーマ「他者の気持ちを想像する(エンパシーを体験する)」に沿って台本を使った芝居に始まり、童話「桃太郎」や社会で差別と生きる現実の人々を通して素直な気持ちや想いに触れさせるなど、子供達は盛り沢山な宿題も何のその、終始挙手の嵐は圧巻でした。3人目の講師で俳優タレントの本上まなみ氏による「私の好きな京都」を題材にしたトークセッションでは、全員が事前用意した写真やイラスト付紹介文を素に活発なトークが繰り広げられました。
 そして何より、高橋副会長を中心に当クラブ飲食業会員8名による食育授業は、純白の給食衣の子供達と共に美味しい料理とは何か、調理から学ぶ事、命の大切さなど食を通して学び伝える機会となりました。今回、当事業に賛同頂いたNHK様の多大なる協力のもと2日間を通して終始撮影が行われ、子供達の自然な姿や変わりゆく表情、動きなどが見てとれそうな期待溢れる番組を制作頂きました。
 当クラブ会員総勢約60人もの運営サポートの参加協力や醍醐寺様、京都市様、醍醐小学校様はじめ多くの皆様のお蔭で素晴らしい事業となりました事を御礼申し上げます。
 なお、放送はNHK Eテレにて2022年1月下旬の予定です。
職業奉仕委員会 委員長 田中久喜
ページの先頭へ戻る