京都南ロータリークラブ
 
 
 
bar
bar
 ロータリーについて
bar
 入会のご案内
bar
 webニコニコ
bar
 メンバーズルーム
bar
 会員企業リンク
bar
 同好会案内
bar
 近隣クラブ例会場一覧
bar
 近隣クラブスピーチ一覧
bar
 年度別アーカイブス
bar
 マイロータリー

bar
  組 織
 組織 > 環境保全
■環境保全委員会
委員長  畑中誠司 副委員長  小池英信
委 員  井上雅文、岩上義和、瀧井浩貴

基本方針
吉田会長のクラブテーマの下、過去に行われた実績を大切に、社会及び地域に対する奉仕活動を実施したい。地元市民はもとより、国際都市としてますます増える国際会議の来訪者や観光客に対してもアピールできるよう、地元ロータリアンとして社会に貢献し、成長していきたいと思います。

活動計画の重点的内容
・環境保全フォーラムの開催
 11月14日クラブ例会時に例会講師として前知事山田啓二氏を招請。例会終了後に環境保全フォーラムを開催し、割れ窓理論について講演会を開催する。
・割れ窓理論実践活動の実施
 割れ窓理論実践活動(違法な落書きの消去・貼紙の除去)を京都市内にて京都南ローターアクトクラブとともに実施。実施予定日11月23日
・二条城植栽計画への協力
 二条城はユネスコ世界文化遺産であり京都市の管理であるが、近年、二条城の魅力の1つであるサクラ等の花木が老朽化し、毎年、枯死及び台風による倒木等で本数が少なくなってきているため、これらを補植、更新し、二条城の魅力の維持、向上を図っていくものです。

今年度新たに取り組む課題
過去に社会奉仕事業として「割れ窓理論」を取り入れた実績があり、再度その理念をローターアクトとともに再認識する。

継続的実施事項
京都市(二条城)への植栽計画(補植計画)の協力は昨年度も実施しており、要請に応じて適宜対応する。割れ窓理論についても過去の事例にならい検討する。
 
基本方針
委員会
会員組織
 職業分類
 会員選考
 会員増強
ロータリー情報
 情報提供
 規則・手続
クラブ管理運営
 出席
 プログラム
公共イメージ
 広報
 雑誌会報文献
親睦
 親睦活動
 新会員交流
 レディース
姉妹クラブ
 国内姉妹クラブ
 海外姉妹クラブ
第1奉仕プロジェクト
 職業奉仕
 社会奉仕
 環境保全
第2奉仕プロジェクト
 国際奉仕
 青少年奉仕
 ローターアクト
寄金プログラム
 南の風基金
 ロータリー財団
 米山奨学会
 ニコニコ
指名
特別諮問
地区連絡調整
bar
 
↑pagetop