組織

寄金プログラム

ロータリー財団委員会
委員長 徳地 正純 副委員長 海野 隆宏
委員 本間 満、木下 公一、黒田 芳秀、中村 憲夫、奥田 正男、吉川 直利

1.基本方針

ロータリー財団の使命は、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できる様にすることです。会員、特に新会員に対しても財団への寄付の意義やその使途を周知し寄付意識の高揚を図り、ロータリー財団へのさらなる協力を求め目標寄付金額が到達できるよう努力いたします。

2.活動計画の重点的内容

① 年次基金寄付クラブ全体で50,400ドル(5,554,000円)、会員1人当り平均210ドル(23.100円)を目標といたします。
② 恒久基金寄付クラブ全体で2,600ドル(10名)を目標とします。ベネファクター一括寄付・協力会への入会を促進する。
③ ポール・ハリス・ソサエティーや遺贈友の会を紹介する。
④ 寄金プログラムフォーラム開催への協力

3.今年度新たに取り組む課題

会長の京都南クラブに相応しい寄付額を集めたいという方針に沿って例会での徴収のみではなく金融機関の協力を得て振り込み等による寄付も実施していきたい

4.継続的実施事項

① 会員年間寄付金 年間50ドル    総額1,320,000円
② 新会員寄付金入会時 130ドル   総額214,500円
③ 100万ドルランチ寄付金 年2回実施   680,000円
④「ロータリー財団への寄付のお願い」(個人用及び法人用)を配付(8月 4月)

ページの先頭へ戻る