組織

親睦

親睦委員会
委員長 水上 裕之 副委員長 喜多川 光世
委員 今村 晴行、黒竹 節人

1.基本方針

ロータリーの活動の源である親睦は、コロナ禍の中最も困難な状況にさらされていますが、その中でも健康と安全を第一にしながら、本年度の地区スローガン「活力と輝 き」、そして会長テーマである「不易流行」を実践できるよう、会員が互いに学びと交流の場を得られ、新会員や家族の皆様と共に愉しく学び、楽しみ、成長し、模範とされる我がクラブの活発な活動の礎となるよう工夫して事業を進めて参ります。

2.活動計画の重点的内容

コロナウイルスの影響を踏まえた上で、親睦活動委員会では喜多川委員長のもと、最初の事業である夏季会員懇親会の開催工夫、コロナワクチンの配布状況を鑑みながら秋以降の年末家族懇親会、新会員歓迎会、新年会員懇親会、会員家族懇親会への取り組みを臨機応変に対応しながら企画開催致します。新会員交流委員会では今村委員長のもと、新会員の方が愉しく有意義に学びながら交流していただける事業に取り組んで参ります。レディース委員会では黒竹委員長のもと、会員のご夫人が楽しみながら和の文化を学べる様な企画でご夫人ご家族の交流を行えるように致します。

3.今年度新たに取り組む課題

変異型コロナウイルスに対して、感染防止への徹底した取り組みを行い、何より会員、ご家族の健康、安心、安全を第一にそれぞれの事業を推進致します。 コロナワクチンの接種状況を踏まえながら、会員家族懇親会の開催時期、会場を調整致します。

4.継続的実施事項

親睦活動委員会における例会前の準備、それぞれの交流はもとより、寄金プログラム委員会への寄付活動に対する啓発を行います。

ページの先頭へ戻る