組織

地区連絡調整

地区連絡調整委員会
委員長 木下 哲次 副委員長 藤澤 哲也
委員 福永 荘三、広瀬 茂、河合 典之、北川 貞大、中澤 忠嗣、那須 信孝、西村 信行、西脇 眞次、大江 偉夫

1.基本方針

中澤PGは地区PGとしての役職の他に、2021-22年度 地区研修リーダーの重職を担われます。西村信行PPは京都市域第3グループ担当 ガバナー補佐を務められます。福永荘三会員はローターアクト委員会、藤澤会員は国際奉仕委員会、広瀬会員は国際交流委員会、河合会員は財団資金管理委員会、北川貞大会員はグローバル補助金委員会、那須会員は学友委員会、西脇会員は職業奉仕委員会、大江偉夫会員は米山奨学委員会、木下哲次は地区ロータリー財団委員会及び地区補助金委員会に出向いたします。
各自、配属委員会の活動はもとより地区事業等の活動も積極的に参加し、京都南ロータリークラブの名を汚すことにないようアクティブに活動をいたします。 また、地区委員相互の情報交換、連携を緊密にし、より活発なロータリー活動を行う為の一助となるよう、国際ロータリー及びRI第2650地区の活動内容や情報を当クラブ会員に伝えます。

2.活動計画の重点的内容

① 国際ロータリーやRI第2650地区の動向・情報を役員、理事、委員長に伝達する
② 各地区委員相互でRI第2650地区の情報を共有する

3.今年度新たに取り組む課題

① 例会において各地区委員から地区委員会の紹介や活動状況等を報告する。
② 週報・月報に地区委員会の活動を寄稿する。
③ 2022-23年度以降、当クラブからの地区出向者を増やします。

ページの先頭へ戻る