京都南ロータリークラブ
 
 
 
bar
bar
 ロータリーについて
bar
 入会のご案内
bar
 webニコニコ
bar
 メンバーズルーム
bar
 会員企業リンク
bar
 同好会案内
bar
 近隣クラブ例会場一覧
bar
 近隣クラブスピーチ一覧
bar
 年度別アーカイブス
bar
 マイロータリー

bar
  組 織
 組織 > ロータリー財団
■ロータリー財団委員会
委員長  山下和夫 副委員長  冨永泰憲
委 員  荒堀 勝、日比昌孝、石垣博章、大宮 正、瀧田輝己、田中信行
 山上哲賢

基本方針
吉田会長の基本方針『みんなで回そうロータリーの歯車—吹かそう南の風—』を念頭に、国際ロータリーの歯車を回し世界をより良くするための原動力となるロータリー財団への寄付を全会員にお願いすることに努める。そのために、ロータリー財団の仕組みや寄付金の使途について会員に周知し、寄付することの喜びを実感していただけるよう努める。

活動計画の重点的内容
1 年間寄付額52,500ドル(会員一人当たり210ドル)を目標額とする。
2 国際奉仕委員会と連携を取りながら、グローバル補助金申請に向けた活動に積極的に参画する。
3 毎回の例会で、会員に気持ちよく寄付していただけるよう委員一同心掛ける。

今年度新たに取り組む課題
1 10月24日実施予定の寄金プログラムクラブフォーラムは、今後前向きに取り組む予定のグローバル補助金に対する会員の理解を深めるフォーラムとしたい。
2 委員長挨拶や毎例会のロータリー財団報告の場で、ロータリー財団の仕組みや寄付金の使途を具体的に説明していき、会員の寄付に対するモチベーションを高める。

継続的実施事項
1 毎回の例会において、寄付いただいた会員氏名を報告し感謝の意を伝える。
2 例会においてポール・ハリス・フェロー等の財団表彰を行う。
3 会員年間寄付金50ドルと新会員入会時寄付金130ドルを集める。
4 100万ドルランチ寄付金を年2回実施する。
5 「ロータリー財団への寄付のお願い」を年2回配布する(8月と4月)。
 
基本方針
委員会
会員組織
 職業分類
 会員選考
 会員増強
ロータリー情報
 情報提供
 規則・手続
クラブ管理運営
 出席
 プログラム
公共イメージ
 広報
 雑誌会報文献
親睦
 親睦活動
 新会員交流
 レディース
姉妹クラブ
 国内姉妹クラブ
 海外姉妹クラブ
第1奉仕プロジェクト
 職業奉仕
 社会奉仕
 環境保全
第2奉仕プロジェクト
 国際奉仕
 青少年奉仕
 ローターアクト
寄金プログラム
 南の風基金
 ロータリー財団
 米山奨学会
 ニコニコ
指名
特別諮問
地区連絡調整
bar
 
↑pagetop